日本オイルターミナル株式会社

安全への取り組み

安全確保

創業時から「指差称呼と二重確認」を強力に推進してきました。
作業を正しく実行するため、雑念を払い意識を集中するよう、あらゆる動作の前後に
大きな声で指差し、確認して正確な仕事をすることにしています。
また「油配管のバルブ開閉」「積込油種」「数量」の確認など、ひとつの仕事を必ず2人以上で再確認する「二重確認(ダブルチェック)」を徹底しています。

安全意識の高揚

安全意識の高揚を図るため、社員から「安全ポスター」「安全標語」を募集するなどの運動を展開しています。

防災訓練

営業所に自衛消防団を設け、緊急時に備えて非常召集・消火放水・救護活動などを
繰り返し訓練しています。
また、地区消防署とタイアップして総合防災訓練を実施しています。

安全本部

平成17年7月1日に設置された安全本部は、現場の実態、情報を全て把握し、現場に存在する危険要因を把握し、事故の芽のうちに措置、対策を講じる活動を積極的に
取り組むことを使命としています。

安全本部業務フロー

安全協力会

当社営業所を利用されている石油輸送会社等により「安全協力会」が各営業所に結成され、安全指導・安全に関係する諸問題の解決と会員相互の親睦を目的として活躍しています。

ページの先頭へ
Copyright©JAPAN OIL TERMINAL & LOGISTICS CO.,LTD All rights reserved.