日本オイルターミナル株式会社

環境に優しい物流への取り組み

OTグループは、環境問題を先取りし、
環境に優しい企業の実践に総力を挙げて取り組んでいます。

具体的取り組み

○ 石油製品の鉄道専用列車による大量定型輸送と共同基地の運営の共同一貫
輸送
○ 資源循環型社会への対応としてJR貨物と協力し、石油製品空容器及び廃棄物
処理・処分のリサイクルシステムを構築

  
日本オイルターミナル
(ターミナル事業)
貨物輸送機関の中で、二酸化炭素排出量が少ない鉄道貨物輸送の利用
拡大を図ります。

資料:国土交通省ホームページ(総合政策局環境政策課)
「運輸部門における二酸化炭素排出量」
(OLS事業)
  • 物流コストの低減を図り、潤滑油及び空ドラム缶等の容器リサイクルの
    トータル物流会社をめざします。
  • 共同配送により二酸化炭素の排出量の抑制を図ります。
OTトランスポート
  • バージンオイルから、そのリサイクルまでトータルな展開をめざします。
  • 小型ローリーによる共同配送をOT営業所拠点を中心に更に拡大を図ります。
  • 共同配送により二酸化炭素の排出量の抑制を図ります。
ページの先頭へ
Copyright©JAPAN OIL TERMINAL & LOGISTICS CO.,LTD All rights reserved.