ニュースリリース
News release

ニュースリリース

会社情報

スーパー・オイル・エクスプレス号の営業運転

1.概要

平成17年12月10日のダイヤ改正において、京葉地区から郡山向け石油列車の95km/h・100%化列車(スーパー・オイル・エクスプレス号)が営業運転を開始しました。 『改革実行3ヵ年計画(H17~19年度)』の主要施策として、郡山営業所の設備の近代化「ハッチ管理システムの導入」を計画しています。そこで、効率的な石油製品の供給体制を確立することとして、従来の75km/h貨車を95km/h貨車(タキ1000形式)に置き換え、約280kmの発着区間を高速輸送列車により、一日一運行するという構想から社内にプロジェクトチームを編成し、一つひとつ課題に取り組んでまいりました。

この列車は、JR貨物会社の新中期経営計画『ニューストリーム2007』の21世紀型の鉄道貨物輸送を構築するという考え方にもマッチし、JR貨物グループ会社等の力強いご支援とご協力があり実現することができました。

2.輸送諸元比較

3.導入による効果

(1)タンク車の運行効率アップ(所要車 △13両)
(2)タンク車大型化による輸送力アップ(約14千kl/年)
(3)効率的輸送による安定供給体制の強化

4.今後の展開

「21世紀型の鉄道貨物輸送の構築」を目指した抜本的な構造改革を図るとともに、お客様から選択される輸送モードを目指し、第二、第三の良質な商品(95km/h・100%化列車)づくりを行う。